交際費 改正 26年度

国税庁から、「平成26年度交際費等の損金不算入制度の改正のあらまし」が出ていましたので、昨日の事もあって、最新情報を勉強しようと思い、読んでみました。

 

 

平成 26 年4月1日以後に開始する事業年度から適用

 

図の通り、改正後は、接待飲食費の額のうち、50%に相当する金額を参入する事となります。

 

ただし、1人当たり5,000 円以下の飲食費で書類の保存要件を満たしているものは、従前どおり、交際費等に該当しないとの事です。

 

 

これとは別で、もう一つ中小法人についての規定が書かれています。

 

上記の図を復習のため、言葉に起こしてみたのですが、

  • 接待飲食費の金額が、定額控除限度額を超えるか、超えないかで区分されています。
  • 接待飲食費の額が年1,600万円を超える場合は、損金算入は50%まで認められます。
  • 接待飲食費の額が年1,600万円を超えない場合は、定額控除限度額となる800万円を上限とします。

 

また、平成28年3月31日までの2年間を延長期限としていますので、上記の「交際費等の損金不算入制度」の現在という事で知っておいた方が良いかなと思いまして、とても勉強になりました。

 

 

このように、本で仕入れた情報と今では、法制度などが乖離している事もありますし、毎年のようにコロコロと変わる事もありますので、その都度疑問が湧けば、きちんと税理士さんに確認を取るようにしないといけないなと思いました。

 

 

関連として、交際費 損金算入も一緒に読んで下さいね。参考になるかと思います。