交際費 損金算入

サラリーマンから独立した時に、一番周りの先輩方から言われたのが、「いいよなぁ、全部これから経費だもんなぁ」って言われましたけど、当時の私は無知だったのもありますが、先輩方も無知ですよねw

 

そもそも全額損金に計上できるのであれば、税金を支払わなくて済むやん。そんなはず無いよ

 

という事です。

 

 

それに、「毎回領収書とっとけよ」とアドバイス頂きましたけど、これは確かに正しい!って思いましたw

 

領収証は、きちんと取っておいて、決算のためにおいておくのは大事ですよね。特に飲食店の領収書は、交際費に入れる事ができますので、貴重なものです。

 

 

交際費の計算方法

交際費ですが、全ても会社に、全てのケースで損金となるわけでなく、以下のような条件があるのです。

 

  • 資本金が1億円以下の場合は、400万円以下の交際費の90%まで
  • 資本金が1億円以上の場合は、全額損金への算入不可

 

あと税法で書かれている、交際費の定義ですが、

 

『会社がその得意先や仕入先その他事業に関係のある者への接待、供用、慰安、贈答などのために支出する費用のこと』

 

と定められていて、例えば、会社内の役員、従業員、株主に対して使う事も認められています。

 

 

子会社化する事で交際費を倍にできる?

なかなかそんな会社って無いと思うんですけど、資本金が1億円を超えている場合ですが、会社2つに分けてしまい、資本金を分けるという事ができれば、1社あたり400万円×9割までの交際費を損金算入する事が可能です。

 

大企業が、たくさんの子会社を作る理由が、これでも見えてきますよね。

 

 

会議費も有効活用しよう

交際費とよく似た費用に会議費というものがありますが、

 

『会議に関連して社会的な儀礼から、茶菓、弁当などの飲食物を供与する費用』

 

となっていて、会議を開いて、そのついでに出す飲食物は、一人あたり3,000円以下を目処に認められているのです。

 

 

そのため、例えばランチなどは会議費で計上していき、交際費は接待などの時にしておく事で、節税効果が大きくなるのでは無いかな??と思います。

 

 

ただ、最近でもアベノミクスで交際費の算入基準なども毎年のように確認が必要ですので、詳しくは税理士さんに確認するのが、一番なのかな??と思います。